受付時間
9:00~20:00
施術時間
21:00~朝方
 定休日  
年中無休

お気軽にお問合せください  

090-1606-2079
メール
enkakukiko@gmail.com

キャットフードの危険性

食べたもので身体は作られます。

愛犬や愛猫へのごはんについて、真剣に考えていますか?

 

ペットの病気の原因は、ほとんどが食です。

 

なぜならドックフードやキャットフードには保存料や着色料や酸化防止剤や保湿剤などの添加物がたくさん入っているからです。

その添加物のなかには発がん性のあるものもあるようです。

だからペットの癌が増えているのです。

 

ペットは自分で食べるものを選ぶことができません。

飼い主である私たちが、ペットの食を丁寧に選ぶ必要があります。

前回はドックフードの危険性について書きました。

今回はキャットフードについて書きたいと思います。

 

キャットフードを購入するとき、どのように選んでいますか?

 

今まであまり深くは考えずキャットフードを購入していた方は、これからは原材料を見て購入していただきたいです。

キャットフードにも人間のものと同じで、含有良順に原材料が記載されています。

先頭に記載されているものほど、原材料が多いということになります。

小麦粉や米、コンスターチーなどが一番に書いてあるものは、穀類がメイン。

お肉が1番最初にあるものはお肉がメインということになります。

 

また、特に国産のキャットフードに多いのですが、原材料を曖昧な表現でぼかしていて、よく分からない場合も要注意です。

どのような動物・肉を使用しているかわからないものは避けましょう。

例えばミートミール、フェザーミール、ミートエキス、ミートパウダー、肉類副産物、鶏副産物、大豆ミール、脱脂大豆、動物性油脂なetc......。

〇〇ミートとは『4Dミート』と呼ばれている危険な材料です。

『副産物』は残りカスで栄養のないものです。

 

4Dミート

・DEAD(と殺ではなく死んだ動物の肉)

・DYING(死にかけていた動物の肉)

・DISABLED(障害や怪我があった動物の肉)

・DISEASED(病気だった動物の肉)

 

下記は4Dミートが危険な理由です。

・病気だった動物の肉が使われているため、さまざまな薬剤が使われているかのうせいがあります。

・多量の添加物が使用されている可能性があります。

・プリオン病という恐ろしい病気になるか

 

そして動物性油脂は病気や事故などの理由で死んでしまった動物(犬、猫、豚など)が廃肉処理されてできた肉骨粉からできた脂です。

劣化したり酸化しやすいです。

そのため保存料、着色料、酸化防止剤が使用されます。

 

また、ウェットタイプのキャットフードは危険性が高いと言われています。

 

・ドライタイプ:水分量が10%以下で、乾燥したフード

・ウェットタイプ:75%以上の水分を含んだペースト状・液体状のフード

 

水分量が多いと品質を保つことが難しく、添加物(合成酸化防止剤や合成保存料)が大量に使われている可能性が高いです。

 

添加物を大量に使わないと販売すらできないのです。

ですから、キャットフードを購入するときにはドライフードを選ぶことをお勧めいたします。

 

キャットフードには合成酸化防止剤や合成保存料以外にも、危険な添加物が使われています。

そのなかでも有名なのはBHA(ブチルヒドロキンアニソール)・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)・エトキシキンです。

これらは強力な人工の酸化防止剤です。

この酸化防止剤の使用を始めたのはアメリカですが、そのアメリカも今では乳幼児食品への禁止をしています。

そしてイギリスでは特に厳しく取り締まっています。

これらは発がん性や変異原性・催奇形性などの可能性もあります。

そのような添加物が使われているキャットフードを愛猫にあげたくないですね。

 

そして合成着色料や人工香料が使われていないかにも注意をしましょう。

 

合成着色料の危険性としては発がん性、催奇形性、アレルギー、不妊などがあげられます。

人口香料もアトピーやアレルギーなどの危険性があります。

 

大切な家族である愛猫に健康で長生きしてほしいですね。

なるべく危険な添加物がはいっていないキャットフードを選んでみてください。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・予約はこちら

090-1606-2079
受付時間
9:00~20:00
施術時間
21:00~朝方
定休日
年中無休